ヨココウ風景

特別時間割

投稿日2021/3/11

こんにちは。

昨日から今月18日まで、生徒たちは特別時間割で授業を受けています。

2年生の英語のGPクラスでは、スピーチコンテストが行われていました。

GPクラスは、ネイティブスピーカーの教員と日本人教員のチームティーチングで日頃から授業が展開されています。

スピーチでは、各々が興味関心のある自由なテーマについて調べ学習したのち、原稿を作成しクラスメイトの前で披露しました。

新型コロナウイルスについて発表した生徒もおり、1人1人が身近な話題について日頃から考えていることが伺えました。

各々が事前学習をした成果が表れており嬉しい限りです。

 

 

 

 

 

1年生の英語の特別講座では、アクティビティを通じて英語で相手に何かを伝える経験をしてもらいました。

特別時間割の前に、教科書で火星について学習をしたため、自分が想像する火星人はどのような姿なのか絵をかいてもらい、その火星人の特徴をペアの人に英語で伝える。そして火星人の特徴を英語で聞き取り、ペアの人は再現をしてみる。このようなアクティビティを行いました。

生徒たちは「難しい」と言いながらも楽しんでいる様子で、かわいく描けた火星人たちの絵を持ちながら、カメラに笑顔を向けてくれました。

加えて、英語で伝言ゲームも行ない「英語を使う」経験を通じて学習に対するモチベーションを高めてもらえたようです。

クラスメイトと楽しみながら座学で学んだことを、アウトプットする機会となりました。

下の写真は、伝言ゲームに取り組む生徒たちの様子です。

残りの特別授業でも楽しみながら多くのことを学んでほしいと思います。