学校長挨拶

はじめに

本校は、黒土四郎先生により昭和17(1942)年に旧制横浜中学校として創立されました。創立当時の理念は三条五訓、以降校訓として現在に至っています。戦時中の創立ですが、創立者は戦後の復興と学校の未来を重ね、希望ある明るい未来を描いたと思います。

 

変わります!横浜高校

さて21世紀の今、グローバル化していく新しい時代に、若き青少年の皆さんは生きています。2020年の本校共学化は、学校史上、大きな変革の年です。これを機に、本校では建学の精神である三条五訓に加えて、新たな理念(ミッション)を二点掲げます。そのキーワードは、〝思いやり″と〝グローバル人財″です。これからますますグローバル化が進む中で、男女ともに、より一層社会(仕事)に参画する時代です。互いに思いやり(=リスペクト)を持ち、そして、活躍できる人間を目指してほしいと思います。その展望(ビジョン)はグローバル教育にあり、本校ではこれに即した教育を展開していきます。

人生100年時代、圧倒的に長い卒業後の人生は、納得のいく仕事をしたいものです。それには人生設計(キャリア教育)が重要となり、そのさまざまなプログラムを遂行するためにキャリア教育を土台とした三つの柱を打ち立てました。その柱とは、前述のグローバル教育に加え、ライフデザインと深い学び(アクティブ・ラーニングなど)です。

尚、中高一貫コースは男子募集のみとなります。中学時代は男子校として伸び伸び過ごし、高校段階では新理念のもと、共学コースと交流(委員会、行事、部活動など)する、まさに新しいスタイルの男子コースとして共学化の中に存在します。

 

おわりに

本校では「21世紀を生き抜く力」をコンセプトに掲げています。本校に新しくできたコミュニティエリアでは、互いに心を通い合わせるコミュニケーション力を培ってほしいと思います。

学校長 葛 蔵造