文理コース

Advance

勉強や部活動を存分に成し遂げ
グローバル的視野を育てます

「自分が何に関心があるのかわからない」
という高校生は多いですが、横高生は違います。
どんなことにも全力で熱中し、活動に取り組みます。
将来の職業選択を意識し、多彩な進路に対応する指導を行います。一般入試に加えてAO入試や推薦入試、専門学校など、多様なスタイルで志望進路を実現するのが文理(アドバンス)コースです。

グローバル的視野と表現力を鍛える
「グローバル・パスポート」

2019年度入学生は1年次に全員英会話1時間、2年次に「グローバル・パスポート」という選抜された最大25名限定で外国人教員による英語授業を実施します。日本人教員もチームティーチングで教室の中には入りますが、単なる英会話の授業にとどまらない、より実践的な授業を目指します。自らの考え方を英語でしっかりと相手に伝えていく力をつけさせます。そして英検2級を取得し、「グローバル・エリートプログラム」という事前プログラムに参加すれば、アメリカの提携大学に進学もできます。また、文理(アドバンス)コースの授業では、基礎的な知識の修得とともに、様々な活動を通して考え抜く力、表現する力を養うアクティブラーニングの授業にも取り組みます。

高3で進路に応じた選択授業を導入

文理(アドバンス)コースの進路は、目標に応じて多岐に渡ります。高校3年次では、一般入試で大学受験する者への英語・数学などの演習授業、AO入試や指定校推薦で大学進学を希望する者への小論文対策、就職希望者へのプレゼンテーションなど、それぞれに必要な授業が選択できます。そして部活動にも集中して取り組んだ生徒は多くが推薦入試を利用しています。また希望制ですが、「駿台サテネット21」でeラーニングの映像授業も受講可能です。