NEWS

麻布大学と教育連携及び協力に関する協定を締結

投稿日2021/3/23

2021 年 3 月 19 日(金)、横浜高等学校と麻布大学の生命・環境科学部の関係者の出席により、「教育連携及び協力に関する協定書」の調印式が執り行われました。

この協定締結の目的は、本校と麻布大学の生命・環境科学部の教育の充実及び発展を図り、もって社会に貢献する有為な人材の育成に寄与することにあります。

そして
1)本校への麻布大学生命・環境科学部の教員派遣
2)本校生徒の高大連携講座授業等へ参加
3)本校生徒の麻布大学への優先的推薦
を通して活発な交流により、連携及び協力を深めて参ります。

左:麻布大学生命・環境科学部長 川上泰 右:横浜高等学校長 葛蔵造

 

<関連情報>
●麻布大学(学長:浅利昌男、本部:神奈川県相模原市)について
麻布大学は、2020 年に創設 130 周年を迎えた獣医系大学として二番目に長い歴史を持つ大学です。
私立大学として動物学分野の研究に重点を置くトップクラスの実績を基盤に、新たな人材育成に積極的に取り組んでいます。
また、獣医学部(獣医学科、動物応用科学科)と生命・環境科学部(臨床検査技術学科、食品生命科学科、環境科学科)の
2 学部 5 学科と大学院(獣医学研究科と環境保健学研究科)の教育体制に、学部生:2,492 名、大学院生:82 名が学んでいます(2020 年 5 月 1 日現在)。
1つのキャンパス内(神奈川県相模原市)で、人・動物・環境に関する教育・研究を実施している国内唯一の大学です。
麻布大学の概要:https://www.azabu-u.ac.jp/about/