NEWS

新制服 発表!

投稿日2019/5/1

日本が令和という新元号を迎えた本日5月1日、

横浜高校も 新しい時代を切り拓く「共学化」の中で最大の注目をいただいておりました「新制服」をいよいよ発表いたします!

これまで横校祭におきまして、一般の来場された方々にもアンケート・投票を2年続けて実施をし、多数のご意見をお寄せいただきました。また、昨年は実際に着ている姿も参考にして頂きたいということで、ファッションショーを開催し、多くの方にご覧いただきました。ご協力をいただきました皆さまに、改めまして感謝御礼申し上げます。ありがとうございました。

その後、議論を重ねる中で最終的にキーワードになったのが、「横高の伝統」と「他にはない新しいスタイルの横高」でした。

そしてついに決定された冬服正装、夏服正装がこれになります!

男子冬服は、やはり伝統的な黒詰襟が「横高らしさ」につながっているものと思います。ボタンは刷新しました。生地はグレンチェックという織柄を使用しており、スタイル性また機能性もこれまでよりアップしています。

男子夏服は、紺のスラックスと爽やかな白のポロシャツを着用します。襟元の切り返しの紺色がアクセントになっています。

そして女子冬服は、珍しい「セーラージャケット」というスタイルです。セーラー服でもなく、ブレザー服でもありません。まさに「新しい横高」です。後ろ姿はセーラー服に見えます。でも通常のセーラー服とは違う、前開きのジャケットなため、脱ぎ着も簡単にできます。スカートの柄はモノトーンをベースに市松模様を表現した横浜高校オリジナルのチェック柄です。ジャケットと同じ生地のサブスカートもあり、普段は選んで着用することも出来ます。

女子の夏服は、半袖のセーラーブラウスで爽やかに過ごします。スカートは冬の色違いで、ブルーの夏らしいオリジナルチェック柄になっています。グレーのサブスカートも用意しましたので、冬同様に普段着用が出来ます。スカートと同じ柄のリボンがかわいらしい印象になります。男子と同じポロシャツも選ぶことができます。

オプションとして男女共用となるセーターやベストがあり、冬に女子がジャケットを着ない場合にはスクールカラーにもなる黄色いリボンを着用することも出来ます。

多種多様なパターンから選べることで、生徒主体の明るい校風になることが期待されます。

実物の制服は説明会でも展示等をすることになりますので、ぜひお越しいただき、実際に触れてみてください。

 

さて、続いて中学生の制服についてです。

伝統の黒の詰襟をマイナーチェンジし、着心地と使い心地をアップさせました。襟元の窮屈さを感じさせない深い切り込みや、ストレッチ素材の裏地によって、着心地が大幅に良くなりました。また、詰襟もスラックスも家庭用の洗濯機で洗えるので安心。伝統を残しつつ、新しい時代にあった制服に生まれ変わりました。

夏服は、これまでのスタンドカラーのタイプを改め、トリコロールの襟元アクセントを入れたおしゃれな開襟半袖シャツになります。

※なお、冬夏ともに高校に上がる段階で、高校の制服を着用することになります。

 

 

最後にお知らせです。

後日準備が整い次第、制定カバンや体育着など新しくなったその他の制定品・オプションもHP上にて公表いたします。

新しい時代にあわせて、どんどんと変わっていく横浜高等学校と横浜中学校に、どうぞこれからもご期待ください!

よろしくお願いいたします。