高校NEWS

この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

ニュージーランド研修現地レポート(15)

投稿日2013/8/3

8月3(日)第15日目

(1)【オークランド】

人口140万以上,NZの玄関口で最大の都市です。人口の約40%が海外出身者というグローバル都市。街のアイコンはスカイタワー(高さ328m)。南半球で一番高い建造物です。中心の展望台の外からバンジージャンプ(スカイダイブと呼ぶそうです)に挑戦する人もいるとか…。ゼッタイにやりたくないのは私だけ?

                       

 (2)【ワイテマタ湾】

オークランド中心地は「ワイテマタ湾(マオリ語で,キラキラと光る水)」に面し,海上交通が栄え、別名「City of Sails(ヨットの帆の街)」。市民の4人に1人がヨットを所有しています。ワイテマタ湾に架けられたハーバー・ブリッジは,1959年開通、1964年に日本企業(現在のIHI)がクリップオン工法で車線を拡張(→つまりこの橋の半分はメイド・イン・ジャパン)し、当時「ニッポン・クリップオン」と呼ばれました。先住民族マオリがNZを「アオテアロア(白く長い雲のたなびく地)」と名づけました。その名のとおり今日も雲空(時々雨)。休日は湾内で多くのヨットが見られる…はずですが、今日はあいにくの天気でヨットは見られず残念。