高校NEWS

この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

ニュージーランド研修現地レポート(9)

投稿日2013/7/28

7月28日(日)第9日目

(1)【タネ・マフタ】

オークランドから北へ約300キロ、車で片道3時間半に位置するワイポウア地区に広がるカウリの森に、NZ最大の「タネ・マフタ」(マオリ語で「森の神」)がある。推定樹齢2500年、樹高51m以上もあるNZ最古のカウリの木。

 

(2)【テ・マツア・ナヘレ】

ワイポウアの森でタネ・マフタに次ぐNZ2番目の巨木「テ・マツア・ナヘレ」(マオリ語で「森の父」)。樹高は約30mでタネ・マフタには及ばないものの、幹周りはこれを凌ぐ16mで、おそらく「南半球で最も太い樹木」と言われています。推定樹齢は2000年。森の精霊を感じさせるパワースポット!