校章・制服・校歌

校章

創立当時は旧制中学校としての校章で、現在とは別のものでした。戦後、学制改革に伴い、昭和23年に当時の美術教諭によって考案されました。創立者黒土四郎の家紋である「四ツ目」と横浜市の市章をモチーフにし、組み合わせてできました。そして、本校が横浜市の中央にあたる中区の横浜基督教青年会館(YMCA)の一部を仮校舎として開校したことにちなみ、中央に十字を入れてデザインされています。

制服

中学校
高校

制服の由来

学生服は「詰襟」スタイルです。校章を彫りこんだ五つのボタンと、襟にはめ込まれた学年カラー(赤・青・緑)のバッチがポイントです。本校のオリジナルのホワイトワイシャツは、襟元にさりげなくデザインされた校章の刺繍がワンポイントとなり、爽やかな印象を演出しています。また、エンブレムのついた2色(グレー・紺)のベスト・セーターを用意しています。夏季には、高校生はオリジナルのポロシャツを、中学生は半袖ワイシャツを着用します。
時には涼しく、時には暖かく、これらの制定品を気候や自分のスタイルに合わせて組み合わすことで、一年間を快適に過ごすことができます。

校歌