横浜高等学校 特進コース・文理コース・特性コース
横浜高等学校 特進コース・文理コース・特性コース
学校説明会・イベント日程はこちらから フォーカス~校長ブログ~ ニュージーランド永年継続表彰 海外研修 入ってから伸びる横校の進学実績 高等学校の部活動実績
学校連絡網システムのご案内とお願い

学校長挨拶(教育理念)
自分の才能を熟成し、昇華させて、
見事に開花させることができると確信しています

【三条五訓】 ・三条 (信頼を受くる人となれ・責任を重んぜよ・秩序を守れ) ・五訓(・誠意 ・総力 ・努力 ・創造 ・忍耐)

学校長挨拶

横浜高等学校 学校長 葛 蔵造

横浜高等学校
学校長  葛 蔵造

受け継ぐ伝統と時代の要請に応える革新

創立74年を迎える本校は、送り出した卒業生の数は3万人近くになります。生徒たちが生きてきた時代ごとに、社会の要請にこたえる教育を実践し、多くの有用な人材が多彩な分野で活躍しています。

そこで、これからもキャリア教育を推進し自身の適性と能力を見極められるよう、社会が求める人材を育てていきます。本校での日々の学習や活動は常に実践の場として自分を磨くのに適しています。

本校の校訓は三条と五訓があります。三条の中でも「信頼を受くる人となれ」は、創立以来、受け継がれてきた横高スピリットです。これまでには、社会の変化や、さまざまな出来事がありました。

しかし、どんな時代でも求められる人物とは、「信頼を受くる人」であったはずです。本校の生徒たちが、思い描く夢は違っても、互いを認め、尊敬し合い、切磋琢磨しながら成長する理由は本校のスピリットが学校生活の根底に流れているからです。

今後、どれだけの時が流れても、この伝統は脈々と受け継いでいくべき人間教育なのです。

グローバル化と少子高齢化がキーワードとなる現代。ますます進む人口減少が危惧される中で、求められるのは「個」の力。一人ひとりの人間に求められる特性や発想力、そして行動力は、今この瞬間よりもさらに大きなものとなるでしょう。

さらに現在の高校生が社会人となる10年後、20年後には、世界はますます変化し、その中で求められるものは豊かなコミュニケーション力です。

新たな時代が要請するものは、一人ひとりが自己発信できる力を養成する教育です。本校の特進コースは進学に高い目標を定め、文理コースは部活と勉強を両立させ、特性コースは自分の目標とする活動を究める学校生活を送っています。

一人ひとり、違った個性と才能を発見しながら、やがて旅立つ社会で活躍する日を見つめています。本校での3年間は、素のままの自分で伸び伸びと過ごせ、後に迎える多様な社会への助走となる時間です。生涯の財産となるような経験を持って、力強く羽ばたくことを期待します。