横浜高等学校

横浜高等学校

特進コース
目標は難関大学への現役合格
高い志を実現させる

特進コースが目指すのは難関大学。3年間をかけて高い目標に挑戦します。目標とする大学は違っても、互いに励まし合いながら目標に向けて進むのが横高流。
受験は団体戦。仲間とともに学力を高めます。
高校2年生からは、国公立大学に向けたカリキュラム、私立大学に向けたカリキュラムを選択。
進むべき目標が決まれば後は一直線。勉強があまり好きではなかった中学生のときとは違った自分が見つかります。
大学受験というフィールドで自分の可能性を信じて挑戦する、それが特進コースです。

特進コースについて

日々刷新、一人ひとりにあった学習指導

志望を実現させるために力となるのは毎日の授業。加えて、朝補習や放課後の補習が各学年、各クラスの様子を見ながら効率的に行われます。理解できないことがあれば先生にマンツーマンで教えてもらうことも。補習がない日は図書室などを利用して、自分が納得するまで勉強できます。

特進の中の特進。選抜クラス

大学進学の方法が多様化している今、特進コースは実力を高め、自分の力で進学することを目標とします。自分の可能性を探り、自分をどこまで高めることができるのかに挑戦します。第一志望は決してあきらめません。

特進コースの時間割例

特進コースの時間割例

(2017年実施・奇数週)

特進コース

STUDENT’S VOICE

同じ目標を目指す仲間がいる
2年 増田 有一郎(横浜市立西本郷中学校出身)

私は難関大学への進学を目指すために特進コースを選択しました。授業や補習、模擬試験など大変なことも多いですが、同じ目標を目指すクラスメイトや先生方と共に、楽しく充実した毎日を送っています。