横浜高等学校 特進コース・文理コース・特性コース
横浜高等学校 特進コース・文理コース・特性コース
学校説明会・イベント日程はこちらから フォーカス~校長ブログ~ ニュージーランド永年継続表彰 海外研修 入ってから伸びる横校の進学実績 高等学校の部活動実績
学校連絡網システムのご案内とお願い

進学実績
横浜高等学校の合格実績です

2016(平成28)年度大学合格状況

国立大学(4年制 Ⅰ部)

大学名 合計 現役 既卒
東京海洋 2 2  
秋田 2   2
鳥取 1   1
琉球 1 1  

公立大学(4年制 Ⅰ部)

大学名 合計 現役 既卒
首都大学東京 1 1  
横浜市立 1 1  
会津 1 1  

大学校(4年制 Ⅰ部)

大学名 合計 現役 既卒
水産大学校 1 1  
関東職業能力開発 1 1  

大学校(4年制 Ⅰ部)

大学名 合計 現役 既卒
亜細亜 1 1  
桜美林 13 13  
学習院 3 2 1
北里 4 3 1
杏林 1 1  
慶應義塾 1 1  
工学院 7 7  
東京工芸 8 8  
國學院 4 3 1
国士舘 15 14 1
駒澤 12 11 1
産業能率 3 3  
芝浦工業 1 1  
上智 2 1 1
成蹊 2 2  
成城 7 4 3
専修 13 11 2
創価 1 1  
大正 6 6  
大東文化 6 6  
高千穂 3 3  
拓殖 10 9 1
多摩 2 2  
玉川 6 6  
中央 1   1
帝京 21 21  
東海 52 48 4
東京経済 1 1  
東京工科 12 12  
東京電機 7 5 2
東京都市 15 10 5
東京農業 20 19 1
東京薬科 1 1  
東京理科 2   2
東邦 1 1  
東洋 8 6 2
日本 40 34 6
日本獣医生命科学 1   1
日本体育 6 5 1
日本文化 2 2  
法政 3 2 1
武蔵 9 7 2
武蔵野 4 3 1
明治 4 4  
明治学院 9 7 2
明星 11 10 1
立教 4 4  
立正 5 4 1
早稲田 1   1
 

私立大学 つづき

大学名 合計 現役 既卒
麻布 3 3  
神奈川 46 40 6
神奈川工科 9 9  
関東学院 35 31 4
湘南工科 7 6 1
鶴見 3 3  
桐蔭横浜 7 7  
獨協 10 10  
文教 8 8  
横浜商科 3 3  
新潟薬科 1 1  
帝京科学 6 6  
文京学院 1 1  
松蔭 2 2  
湘南医療 2 1 1
横浜薬科 1 1  
神田外語 1 1  
国際武道 1 1  
秀明 1 1  
城西国際 2 2  
千葉科学 2 2  
千葉工業 10 10  
帝京平成 8 8  
苫小牧駒澤 1 1  
酪農学園 1 1  
近畿 2 2  
宝塚 1 1  
福山 1 1  
山口東京理科 1 1  
立命館アジア太平洋 1 1  
卒業者数と現役合格率
2015(平成27)年度卒業生 378名
現役大学合格率(合格者数/受験者数) 84.1%
現役大学進学率(進学者数/在籍者数) 69.3%

近年の主な合格大学

国公立大学 一橋 東京工業 東京海洋 電気通信 横浜国立
九州 首都大東京 横浜市立 ほか    
私立大学 慶応義塾 早稲田 上智 東京理科 明治
学習院 青山学院 立教 法政 中央
成城 成蹊 明治学院 國學院 武蔵
日本 東洋 駒沢 専修 芝浦工
東京都市 北里 麻布 東京薬科 星薬科
昭和薬科 多摩美術 武蔵野美術 関西 関西学院
同志社 立命館 ほか      

卒業生メッセージ

2014年度卒業 早稲田大学教育学部1年 佐々木 和暉

■特進コース卒業

知らなかった自分の才能を、伸ばしてくれた横高

この春、新生活をスタートさせた僕ですが、実は早稲田は受験する予定のない大学でした。担任の先生をはじめ、いろいろな 先生方からアドバイスを受けての選択となったのですが、卒業してわかるのは、横高は自分の思わぬ才能を発見し、伸ばして くれる学校だということです。高校時代、陸上部で競歩という種目に出会い、今までにない結果を残すことができたのもその ひとつです。受験では、部活動と勉強の両立は大変でしたが、部活動で精神的、身体的に鍛えられたからこそ乗り越えること ができたと思います。合格したときの自分を想像し、自分を奮い立たせて受験に臨んだのですが、気づくと本番に弱かったはず の自分が、最終的に大事なときに力を出し切ることができたのです。
横高では、楽しいことをたくさん経験しました。そして何にでも積極的に挑戦することで、自分が本気で打ち込みたいことを発見 できる学校だと思います。

2014年度卒業 早稲田大学教育学部在学中 佐々木 和暉
1996年度卒業 杏林大学社会科学部卒業 石川 肇

■文理コース卒業

僕よりも僕自身のことを理解してくれていた先生方

僕の卒業した社会科学部は、現在、総合政策部となっていますが、社会学系のことを幅広く学べる学部として選択しました。 横高時代、将来についておぼろげにしか決まっていなかった僕に、先生方がいろいろな選択肢を示してくれました。先生方の ほうが、僕のことをよくわかっていて下さっていたような気がします。
現在は会計ソフトの会社で係長として勤務していますが、部下の指導をしながら思うのは、新入社員で挨拶ができない若者は 多いのだなということです。同級生とも、「高校時代、挨拶や礼儀は自然に身につくように教えてもらった。卒業してからよく わかる」と話す機会が多くなってきました。就職活動においても「挨拶がいいね」と評価されたこともあります。社会人になって 大事なことは、知識や教養はもちろんですが、人とのコミュニケーション力や社会貢献しようという気持ちです。横高は、社会人 として求められる大切なことを教えてくれた学校です。

1996年度卒業 杏林大学社会科学部卒業 石川 肇
2001年度卒業 国士舘大学卒業 森上 慶太

■特性コース卒業

自分のやりたいことをとことんやらせてくれた3年間

横高時代は野球部に所属して、甲子園にも出場しました。社会人になって思うことは、横高の指導者の方も、仲間も、すべて が最高だったということです。僕は「東大に入るよりも難しいぞ」という気持ちで横高野球部に入部したのですが、3年間、野球 をやり切ることができたのは、学校のサポートがあったからこそだと思います。僕は「野球をやりきった」という気持ちを持っています が、文理コースや特進コースの人たちも、それぞれに何かをやり切ることのできる学校生活だと思います。
就活においては、人の人生に関わる仕事がしたいと思い、コンサルタント会社を経て㈱マイナビに就職しました。現在、就職 や転職のアドバイザーの仕事に就いていますが、横高時代に培った、決して諦めないことや、何かを成し遂げようとする強い 気持ちは、今の仕事にも活きていると思います。

2001年度卒業 国士舘大学卒業 森上 慶太