フォーカス ~校長ブログ~ > 校外行事(高等学校) > 「2015. 高2 NZ研修」(7/18~8/5) その6

 

「2015. 高2 NZ研修」(7/18~8/5) その6

2015/08/01

友好のサイン

7/29 EDENZ  colleges(イーデンズ カレッジ)

イーデンズ カレッジは、本校の3か月留学プログラムで提携校に入る前に英会話の準備として2週間通う学校です。従ってどの生徒も必ずお世話になる学校です。この日は、Executive Principal(校長)のMr Rob Simpson(ロブ シンプソン)とサイン交換しました。

イーデンズ カレッジは、単なる英会話のスクールではありません。ESOL(外国人のための英会話授業)だけでなく、ドラマや映画製作、演劇活動など特色を持たせたコースを持ち、幅広い語学学習を展開しています。

EDENS1 EDENS2
EDENSサイン1 EDENSサイン2
EDENS5 EDENS3
イメージ

 

7/29 Rutherford College(ラザフォード  カレッジ)

この日は2校目のラザフォード  カレッジを訪問しました。ここも本校の3か月留学プログラムでの提携校です。

Principal(校長)のMr Gary Moore(ゲーリー  ムーア)とサイン交換しました。

その後、校長に校内を案内して頂きました。センターに図書館があって、生徒はどこに行くのも必ずここを通ります。生徒への連絡はここに掲示します。気がつくと創立者の顔の彫刻があり、知る人ぞ知るノーベル化学賞を受賞したラザフォードだったのです。

ラザフォード1 ラザフォード2
ラザフォード

 

ラザフォード  カレッジには、今年初頭に本校から生徒が1名留学しています。インターナショナルの責任者から説明を受け、どのように生活していたか様子をうかがえることができました。生徒はみんなから声をかけられ、また野球のチームに声をかけられ活躍していたようです。

 

因みに余談ですが、博物館見学の中で見た肖像画に登山家のSir Edmund Hillary(サー エドモンド ヒラリー)がありました。彼はエベレスト初登頂した方で、存命中から5ドル紙幣の肖像に、ラザフォードは、100ドル紙幣の肖像になっています。

 

 | 一覧 |