フォーカス ~校長ブログ~ > 校内行事(中学校) > 12月の中学朝礼

 

12月の中学朝礼

2013/12/09

校長講話

校長講話

 

今日のテーマは 「お・も・い・や・り」    

SF小説や映画、ドラマの話になります。もし、「人と人とが入れ替わったら?」仮定の話ですが、男子から女子のカラダに入れ替わったら、気がついたら世界観が変わっているかもしれません。実際、他の人になればその人の苦労が分かる・・・。

 

お年寄りになったらどうなるか?

お元気な方も大勢いらっしゃいますが、一般的に年とともにカラダの自由度が低くなる。頭では理解していても、若い中学生のみんなが本当にどれだけ分かっているのでしょう?実際に自分が体験してはじめて、その人の気持ちや立場がわかるのです。

 

「老人疑似体験器具」なるものがあります。いわゆるお年寄り体験ができます。自作も可能です。メガネを工夫して視力を落とし、耳にスポンジを入れて難聴になる、あるいはカラダにおもりをつけ、肘や膝には添え木を使って晒を巻く・・・など不自由なカラダを再現し、疑似体験することで人の気持ちを理解する。横断歩道を渡るのにも一苦労...。

 

皆さん、お年寄りをはじめ、人にはやさしく「おもいやり」の気持ちをもって接しましょう。さわやかで明るい男子は人間性が向上します。まずは最初の一歩から。

 

はじめに表彰伝達(剣道部・漢字検定・英語検定)を行いました。

表彰伝達   M1380009
     
剣道部    
     

 

 

 

 | 一覧 |