横浜中学高等学校 一貫コース
横浜中学高等学校 一貫コース
学校説明会・イベント日程はこちらから フォーカス~校長ブログ~ 海外研修 入ってから伸びる横校の進学実績 部活動実績
学校連絡網システムのご案内とお願い

教育理念
冒険の先の
未来にあるものは

【三条五訓】 ・三条 (信頼を受くる人となれ・責任を重んぜよ・秩序を守れ) ・五訓(・誠意 ・総力 ・努力 ・創造 ・忍耐)

文の精鋭を目指して

文の精鋭を目指して

横浜中学校・高等学校の6ヶ年一貫コースは「文の精鋭」の育成を目指して昭和60年に設置されました。本校では、文の精鋭とは「学習や文化芸術、情報活用能力などにおいて一流の能力を持つ人物」と考えています。一貫コースはこのような人材の育成を目指し、高校からの入学生とは別クラス・別カリキュラムで6年間を過ごします。

一人ひとりの可能性を大切に

一人ひとりの可能性を大切に

本校ではさまざまな面での「きめ細かい指導」を大切にしています。少人数クラス編成、英数の習熟度別授業、個別指導、家庭学習習慣の定着など、さまざまな取り組みが実践されています。 それらの指導を通じ、努力を惜しまず自分を高められる「周りの多くの人から信頼される人物」の育成を目指しています。特にあいさつの励行から始まる基本的生活習慣の確立は、単に人間性の向上だけでなく、学習を効率よく進めることにも必要です。

横浜の6年間を経て、信頼を受くる人となる

知力をしっかり身につけるための学習努力はもちろんですが、それと同時に、何事に対しても強くたくましく、優しさと思いやりのある人間の育成に向けてさまざまな活動を展開しています。本校の校内には、自然に多くのあいさつが交わされる、よき校風が満ちています。

時代の要請に応える

21世紀の社会には多くの情報があふれ、価値観が多様化しています。これらの波の中では、しっかりとした自分の考えや目標を持ち、将来を見すえて自分の世界を切り拓いていく力が求められます。
このような時代が要請するのは、多種多様な価値観を受容し、理解する力と、情報を分析して的確なものを見つけ出し、整理して発信する力です。
横浜では、社会で活躍するために必要な土台を築きます。
人間教育の4つの柱と、それに基づく体験的な教育プログラムは、人間としての幅を広げ、柔軟な思考力や発信力、将来を見すえる目を養います。それが、これからの時代を逞しく生き抜く確信につながるのです。