横浜中学高等学校 一貫コース
横浜中学高等学校 一貫コース

YSAP
志望大学合格に必要な学力を
確かなものにする

YSAP Yokohama Study Assist Program

YSAP

学校における学びの中心は言うまでもなく毎日の授業です。授業をしっかりと受けなければそこに何を加えてもあまり良い結果は期待できません。しっかりと授業を受けて、自律的に学習を継続すれば必ず学力は高まります。このサポートとして中学生には「学習の記録」を作成させ、学習計画、目標等を記入させています。
しかしながら、計画的に学習を積み重ねることが苦手だったり、授業だけではなかなか結果を残せなかったり、またもう少し進んで学びたいと思ったりする生徒もいることも事実です。こういった生徒たちの学びを支援するのがYSAPです。6年間を通して、基礎学力から応用力まで確実に養成します。

補習

補習は生徒たちの学習の進み具合や、試験結果などを考慮して実施しています。ホームルームや習熟度別クラスといったクラス単位で実施する場合が多いですが、必要があれば、職員室や学習室でのマンツーマンでの補習も行っています。夏休みには夏期講座を実施し、実力アップをはかります。
また、高校1年生では、基礎学力充実のため、英語、数学、国語で基礎講座を実施します。

ベーシック講座

中学1年生と2年生の数学、英語で実施。普段の授業だけではなかなか結果を残せない生徒を対象として講座は行われます。教員1人だけではなく、現役大学生のSA(Study Assistant)と一緒に複数の担当者が生徒をきめ細かく指導します。担当者と時間をかけて問題に取り組むことで考え方や問題の解き方を身につけます。最初の段階ではちょっとしたことにつまずきがち。ベーシック講座ではこのつまずきをクリアにさせ、自ら学べるよう方向づけます。

【時間割例】

 
16:00~18:00 中2 英語 中1 英語
中2 数学
  中1 数学  

アドバンス講座

中学1年生から高校3年生までを対象として実施します。授業の内容プラスアルファを学習する講座です。英語、数学、国語を中心に実施し、高校2年生と3年生は理科と地歴公民(社会)が加わります。この講座は一講座5名から10名程度で「講義+演習」という形の80分を1コマとして実施します。まずは先生からその時間に取り組むべき課題や解き方、考え方を学び、その後一人ひとりが問題に取り組むことで確実な理解、定着をはかります。
同じ内容の講座を2時間連続で配置し、クラブ活動終了後に受講することができるように工夫してあります。
また、この講座の運営に当たっては専門の「運営サポーター」を配置し、面談などを通じて受講生の学習状況を把握し的確なアドバイスをします。
なお、この講座は外部講師に依頼しての実施となりますので受講料を頂戴しています。

【前期時間割例】

1 16:30~
17:50
(80分)
  中2英語     中 数検3
中 数検準2
2 18:00~
19:20
(80分)
高2英文読解 中2英語 中 総合国語Ⅱ 高2 化学 高2古文・漢文
高3英文法 高2英文法 高2英作文・リスニング
  高2理 数ⅡB 高3 現代文
  高3化学  
3 19:30~
20:50
(80分)
高3古文・漢文 高2理 数ⅡB   高2現代文  
高3英文読解

※網掛けは高校生用講座

学習室の設置

一貫コースの校舎には主に中学生が利用する学習室Aと高校生が利用する学習室Bの2つがあります。学習室の机はそれぞれ仕切られていて、生徒たちが集中して自分の勉強ができる環境になっています。また、それぞれに本校卒業生を中心としたチューターを配置し、学習をサポートします。
学習室の利用時間は、中学生は18時まで、高校生は21時までです。