横浜中学高等学校 一貫コース
横浜中学高等学校 一貫コース
学校説明会・イベント日程はこちらから フォーカス~校長ブログ~ 海外研修 入ってから伸びる横校の進学実績 部活動実績
学校連絡網システムのご案内とお願い

学びに関するQ & A
充実した学校生活を送るために。
お問い合わせの多い事項をまとめました。

 
教科の評定はどのように決められているのですか。

各学期および学年における評定は「10段階の絶対評価」です。単に定期試験の点数だけでなく、提出物や授業中に行う小テストなどの成績も、評価の対象となることがあります。
なお、「絶対評価」とは各生徒の理解度や到達度がそのまま評定の数字に反映されるもので、それぞれの段階の人数割合があらかじめ決まっていない評価方法です。

高校段階には、一定の成績をとらないと進学できないのですか。

高校段階へ進級できるかどうかを決めるための特別な試験は実施していません。進級・進学の判定は中学3年次の学年末時点での成績と出席日数行っています。
この基準は高校進学用の特別なものではなく、他の学年における進級基準と同じものです。ですから日常の基本的な学習や生活の習慣が身についていれば、十分にクリアできます。
なお、横浜高等学校の入学試験は、クラス編成の資料等として用いるために受験します。

高校段階から、クラスは高校からの入学生と一緒になるのですか。

一貫コースの高校生は、中高一貫校舎の高校棟で生活し、高校からの入学生は、別校舎となります。カリキュラムが違いますので、高校からの入学生とクラスが混在することはありません。
大学受験に向けての選択授業の中で、一部の教科で高校からの入学生のなかの特進コースと合同授業を行うことはあります。
文化祭やスポーツ大会などの一部の学校行事、部活動、生徒会活動などは、一緒に活動しています。
生徒会活動や学校行事では、一貫コースの生徒がリーダーシップをとり、学園の中核として活躍しています。

担任や教科担当者は高校へと持ち上がるのですか。

すべての担任が6年間変わらずに持ち上がるわけではありませんが、中学段階や高校段階でも何人かは連続して担任を受け持ち、それまでの指導内容をより上級学年へと引き継いでいきます。
また教科担当者も同様で、同じ担当者が中学生のクラスと高校生のクラスを担当することもあります。

スポーツが苦手なのですが、剣道の授業は大丈夫ですか。

本校(一貫コース)では中学1年から中学3年まで剣道の授業を週1時間行います。当然ながらほとんどの生徒が初心者ですので、あせらず、ゆっくりとした進度で授業を進めていきます。剣道の技術が向上することもさることながら、「礼に始まり礼に終わる」といった剣道の心を身につけてほしいと思っています。
男子では、中学段階の3年間で身体的に急激に成長していきます。その成長に合わせながら、3年間をかけて剣道に慣れ親しんでいきます。

専門のカウンセラーはいますか。

中学校棟にカウンセリングルームがあり、専門のカウンセラーが週 に2回出勤しています。
生徒や保護者だけでなく、教職員も含めて対応しています。直接来室しての相談のほか、電話による相談など気軽に利用することができます。
開室日および連絡先は、入学後に在校生に配布する「カウンセリングルームだより」をご覧ください。

登校時間と下校時間は何時ですか。

登校時間は年間を通して午前8時30分です。
また中学生の下校時間は、クラブ活動があっても年間を通して午後6時には完全下校となります。
ただし、アドバンス講座の受講生は、午後6時以降も受講のため学校に残ることができます。

食堂のメニューと利用時間を教えてください。

横浜中高には、約200名収容の学生食堂があり、定食や麺類、パン、惣菜、飲み物などを販売しています。
利用時間は、中学生は朝、昼休み、放課後です。
また本校ではお茶やジュースなどの飲料で「デポジット制」を導入しています。空き缶や空きペットボトルを返却すると容器代がユニセフに寄付される返却器も設置されています。併せて、ペットボトルのキャップの回収を行い、NPO法人「リライフスタイル」を通じて「世界の子どもにワクチンを」の活動に寄付しています。

自転車通学はできるのですか。

自転車通学には最寄りの駅までのものと、校内に乗り入れするものの2種類 があります。
どちらの場合も、年度初めに申請書を出して認められれば、自転車通学 をすることが出来ます。
その際、必ず安全講習会を受講してもらいます。むやみに禁止するのではなく、交通のルールと安全な運転をきちんと教えた上で通学 を許可しています。

塾に行かなくても大丈夫ですか。

本校では、多くの時間を主要教科に配当し、きめ細やかな指導を行うよう心がけています。
YSAPでの補いに加えて、必要に応じて補習や個別指導も行っています。授業を真剣に受け、また家庭学習の習慣をしっかりとつければ、塾に行かなくても大丈夫です。
塾に行こうと考えるよりも、家庭学習の習慣をつけることが必要です。