学校法人 徳心学園

トピックス

文化芸術教室

2017年3月15日

  「文化芸術教室」とは、生徒たちの旺盛な好奇心と知識欲に応じ、幅広い分野の中で「体験」や「活動」と通じて、文化というものに積極的に触れて、豊かな感性と創造力を養う総合的な文化イベントです。

 今年度、三ヶ年コースでは、昨日(3月14日)横須賀市文化会館大ホールにて「ルロット・オペラ座の道化師」を観賞しました。

 「ルロット」はフランス語で「屋台」。屋台の気軽さでクラッシク音楽を聴いてほしい。そんな想いで結成された小さなオーケストラ「ルロット」が、「オペラ座の道化師みま」を迎え、コメディタッチのクラッシックコンサートをつくりあげました。

 本格的なクラッシクはもちろん、フライパンで作ったドラムや長さの違うパイプを組み合わせて音階をつくり、スリッパで叩いて演奏するパフォーマンスなど、斬新で楽しいコンサートになりました。

 また、第2部では「オペラ座の道化師みま」が登場。アコーディオンを演奏しながらコメディタッチでオペラを歌い上げ、さらには観客席に乱入。生徒たちを巻き込んで、会場を盛り上げました。

 クライマックスは、生徒2名が促されて登壇。オーケストラの演奏をバックに、「オペラ座の道化師みま」と「恋ダンス」を踊って、会場を爆笑の渦に巻き込みました。